応募情報

笑顔の子供たち

現代日本において保育施設は慢性的に不足していると言われています。
それに伴い保育士の増加も急がれており、様々な場所で求人がなされています。
新卒で就職する場合、保育士は就職先に困らない仕事の一つです。
公立保育園は志望しても空きがない場合、希望する保育園に入れませんが、私立であればある程度求職者の希望で選ぶ事ができます。
現在では保育施設にも様々な場所がありますので、求人を見つけても慎重に選ぶ姿勢が大切です。
給与や勤務時間、待遇をチェックするのは一般的ですが、他にも何が重要なのでしょうか。
第一には働きやすさの問題があります。
子供達と接する事ができる楽しい仕事と言いつつ、人間には肉体的に限界がありますから、あまりにも過重労働を任される場所は避けなければなりません。
そうした保育園を省く為に、保育園の規模と園児数、そして職員の数をあらかじめ確認しておくと良いでしょう。
勤務の大変さは園児と保育士の比率に如実に表れます。

見つける方法

新卒で保育士として就職先を探す場合、どのようなところをチェックすれば良い勤務先が見つけられるのか分かり辛いものですが、一般的に手に入れられる情報はできる限り入手するようにしましょう。
例えば保育園のサイトに目を通すだけでも、保育園の雰囲気や力を入れている部分が分かります。
また、可能であれば園のパンフレットや資料を取り寄せるのも良いでしょう。
保護者向けにどのような姿勢を持っている場所なのかが良く分かります。
また、一年を通してどのようなイベントを催す保育園なのかもチェックしておく事は大切です。
保護者向けの発表会や音楽イベント、それに季節の行事に力を入れている場所など様々です。
それによって自分の好みに合う場所が見つかるかもしれませんし、勤務する上での忙しさが分かる事もあります。
この園であれば自分の強味を活かせると思った保育園の求人に募集したいものです。
最後に、保育園の質はそこに通っている子供達に一番反映されるものです。
可能であればじかに保育園の雰囲気を見に行き、子供達の様子を窺ってみるのも良いでしょう。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031